急に文字が小さくなった
ページ全体が縮小表示されている

Internet Explorer

Internet Explorer で、急にページが小さくなったり、大きくなったりした場合は、ページの拡大率が変わってしまった可能性があります。

スクロールホイール付きのマウスをお使いの場合、Ctrlキーを押しながらスクロールホイールに触れると、画面の拡大率が変わってしまいます。

また、キーボードのCtrlキーを押しながら「+」キーや「-」キーを押した時も、拡大率が変わります。

マウスのスクロールホイールで拡大率を変更するには

キーボードのCtrlキーを押しながら、スクロールホイールを動かします。

メニューバーから拡大率を変更するには

Internet Explorer のメニューバーの「表示」から「拡大」を「100%」に変更します。

「100%」でも見えづらい場合は、「125%」など大きな数字を選択してください。

もし、メニューバーが表示されていない場合は Internet Explorer 8 や Internet Explorer 9 のメニューバーを表示するには をご覧ください

キーボードから拡大率を変更するには

拡大率を上げる(大きくする)には、キーボードのCtrlキーを押しながら「+」キーを押します。

拡大率を上げる(小さくする)には、キーボードのCtrlキーを押しながら「-」キーを押します。

拡大率を100%にするには、キーボードのCtrlキーを押しながら「0(ゼロ)」キーを押します。

今日は何の日?

2018年8月16日 木曜日 / 赤口

今日は送り盆。信州ではかんばっていう白樺の皮を焼いて仏様を送るよ。家の前とお墓でかんばを焼いて魂が迷わないようにするんだって。また来年かえってきてね。