2つのキーを片手で押せる固定キー機能

固定キーを設定すると、ShiftやAltキーなどを押しつづける必要がなくなります。例えば、「%」は固定キーを設定してからShiftキーを1度押してから「え」キーを押すことで入力できます(かな入力の場合は英数に切り替えてから入力します)。

また、固定キーを設定したあとShiftキーを2度続けて押すと、Shiftキーをロックする(押しっぱなしの状態にする)ことができます。例えばShiftキーを2度押してから「abc」と入力すると「ABC」のようにすべて大文字で入力することができます。ただし、2度続けてShiftキーを押した場合は入力後にShiftキーをもう一度押して固定キーを解除する必要があります。固定キーがロックされていると文字が入力できなくなったり、ショートカットキーが働いてしまったりすることがありますのでご注意ください。

固定キー機能を設定すると、画面右下のタスクトレイに固定キーのアイコンが表示されます。このアイコンでは固定キーの状態を確認することができます。たとえば、固定キーを設定してからShiftキーを押すとアイコンの上段の四角が黒く塗りつぶされ、Shiftキーが押された状態であることが確認できます。

>> 固定キー機能を有効にするにはこちらをご覧ください

入力例
手順
%、& などの記号
Shiftキーを1度押してから「え」キーを押します
(かな入力の場合は英数に切り替えてから入力します)
Abc
(先頭のみ大文字)
Shiftキーを1度押してから「abc」と入力します
ABC
(すべて大文字)
Shiftキーを2度押してから「abc」と入力します
入力後、Shiftキーを1度押して固定キーを解除します

固定キー機能のアイコン

タスクトレイに表示される固定キーのアイコン

Windowsのバージョンによって、アイコンの形が異なります。Windows98では下段中央のWindowsキーの四角がありません。それぞれのキーを押すごとに表示が切り替わります。1回押すと1文字だけ固定キー機能を使うことができます。続けてもう1回押すと押すとそのキーが押しっぱなしの状態になり、さらに1回押すと解除されます。

固定なしまたは固定なし
キーは固定されていません
ShiftキーまたはShiftキー
Shiftキーが固定されています
(Shiftキーを押した状態)
CtrlキーまたはCtrlキー
Ctrlキーが固定されています
(Ctrlキーを押した状態)
WindowsキーまたはWindowsキー
Windowsキーが固定されています
(Windowsキーを押した状態)
AltキーまたはAltキー
Altキーが固定されています
(Altキーを押した状態)

>> 固定キー機能を有効にするにはこちらをご覧ください

今日は何の日?

2021年11月30日 火曜日 / 大安

今日は本みりんの日。い(1)い(1)みりん(30)の語呂合わせと鍋物などで需要の多い時期だから。みりん風調味料と比べて、本みりんは糖とアルコールの働きで煮くずれしないんだって。旨み成分のアミノ酸などの味もしみこみやすくなるとか。やっぱり本みりんだね!