メールの本文に入力したURLが途中で改行されないようにする

Outlook Express

長いURLをメールの本文に貼り付けると、アドレスが途中で切れてしまうことがあります。リンクも途中で切れてしまうため、URLをクリックしても目的のページが正しく表示されません。長いURLを切らずに表示させるには、自動的に折り返される文字数を変更します。

自動的に折り返される文字数を変更するには

自動的に折り返す文字数を変更すると、Enterキー等で改行するか設定した文字数に達するまで入力した文字が右へ続いていきます。そのため、横に長い文章になり読みづらくなりますので、入力する際は適当なところで改行することをおすすめします。

  1. Outlook Express を起動します。
  2. 「ツール」メニューから「オプション」を選択します。
  3. 「オプション」画面が表示されるので、「送信」タブを開きます。
  4. 「メール送信の形式」の「テキスト形式の設定」ボタンをクリックします。「テキスト形式の設定」画面が表示されます。「送信時に自動的に文字を折り返す」の数字を変更します(「30」から「132」まで指定可能)。
    ※ここで入力した文字数は半角文字を入力したときの文字数です。例えば「132」文字までに設定すると、日本語の文章では1行に最大「66」文字まで入力できます。
  5. 「OK」ボタンをクリックして「テキスト形式の設定」画面と「オプション」画面を閉じます。

今日は何の日?

2021年9月19日 日曜日 / 友引

1982年、IBMのScott Fahlmanさんが世界初の顔文字「:-)」を使ったよ!冗談のつもりで書いたものが他の人が本気に受け取ってしまうことがあったため、顔文字の使用を提案したんだって。