自動仕訳ウィザードで受信したメールを専用のフォルダへ移動させる
受信トレイを整理するには

Outlook

通常、Outlook で受信したメールは受信トレイに保管されます。

Outlookの「自動仕訳ウィザード」でフィルタ設定をしておくと、特定の件名や送信元から受信したメールを自動的に専用のフォルダへ移動させることができるので、大事なメールが受信トレイの中で埋もれてしまうことがありません。

迷惑メールを自動的に削除するフィルタ設定は 迷惑メールを自動的に専用のフォルダへ仕訳けする(Outlook) もご覧ください。

「自動仕訳ウィザード」でフィルタ設定をするには

Outlook2013・2010の場合

  1. Outlookを起動します。
  2. 「ホーム」タブを開いた状態で、「移動」グループから「ルール」をクリックします。表示されたメニューから「仕分けルールと通知の管理」をクリックします。
  3. 「仕分けルールと通知」画面が表示されます。「新しい仕分けルール」ボタンをクリックします。
  4. 「自動仕分けウィザード」画面が表示されます。
  5. 「ステップ1:テンプレートを選択してください」から「特定の人から受信したメッセージをフォルダに移動する」を選択します。

    特定の件名の受信メールを移動させるには「件名に特定の文字が含まれるメッセージをフォルダに移動する」をクリックします。
  6. 「ステップ2:仕分けルールの説明を編集してください~」の説明文の中の、青字で下線がついている「名前/パブリックグループ」をクリックします。「電子メールアドレスの選択」画面が表示されるので、移動する差出人を選択し、「差出人」ボタンをクリックします。差出人を指定後、「OK」ボタンをクリックします。

    5. で件名のテンプレートを選択した場合は、青字で下線がついている「特定の文字」をクリックします。表示された画面で件名に含まれる文字を入力し、「追加」ボタンをクリックしてから「OK」ボタンをクリックします。
  7. 「ステップ2:仕分けルールの説明を編集してください~」の「名前/パブリックグループ」が差出人の名前に変わります。

    6. で件名を入力した場合は、入力した文字に変わります。
  8. 続けて青字で下線がついている「指定」をクリックし、「仕分けルールと通知」画面を表示します。表示された画面の右にある「新規作成」ボタンをクリックすると「新しいフォルダの作成」画面が表示されるので、専用フォルダを作成します。フォルダ名などを入力して「OK」ボタンをクリックします。仕分けルールと通知」画面に戻るので作成したフォルダが指定されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。
  9. 「ステップ2:仕分けルールの説明を編集してください~」の「指定」が新しく作成したフォルダの名前に変わります。
  10. 「完了」ボタンをクリックします。
  11. 3. の「仕分けルールと通知」画面に戻ります。「OK」ボタンをクリックします。
  12. 次回の受信から指定した差出人や特定の件名のメールが、指定した専用フォルダへ自動的に移動します。すでに受信しているメールを仕分けするには、11. の手順で「OK」ボタンをクリックする前に 仕訳ルールを手動で実行するには を行います。

Outlook2007の場合

  1. Outlookを起動します。
  2. 「ツール」メニューから「仕訳ルールと通知」を選択します。
  3. 「仕訳ルールと通知」画面が表示されます。「新しい仕訳ルール」ボタンをクリックします。
  4. 「自動仕訳ウィザード」画面が表示されます。「テンプレートから仕訳ルールを作成」を選択します。
  5. 「ステップ1:テンプレートを選択してください」から「特定の人から受信したメッセージをフォルダーに移動する」を選択します。

    特定の件名の受信メールを移動させるには「件名に特定の文字が含まれるメッセージをフォルダーに移動する」をクリックします。
  6. 「ステップ2:仕訳ルールの説明を編集してください~」の説明文の中の、青字で下線がついている「名前/配布リスト」をクリックします。「電子メールアドレスの選択」画面が表示されるので、移動する差出人を選択し「OK」ボタンをクリックします。

    5. で件名のテンプレートを選択した場合は、青字で下線がついている「特定の文字」をクリックします。表示された画面で件名に含まれる文字を入力し、「追加」ボタンをクリックしてから「OK」ボタンをクリックします。
  7. 「ステップ2:仕訳ルールの説明を編集してください~」の「名前/配布リスト」が差出人の名前に変わります。

    6. で件名を入力した場合は、入力した文字に変わります。
  8. 続けて青字で下線がついている「指定」をクリックし、「仕訳ルールと通知」画面を表示します。表示された画面の右にある「新規作成」ボタンをクリックすると「新しいフォルダーの作成」画面が表示されるので、専用フォルダを作成します。フォルダ名などを入力して「OK」ボタンをクリックします。仕訳ルールと通知」画面に戻るので作成したフォルダが指定されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。
  9. 「ステップ2:仕訳ルールの説明を編集してください~」の「指定」が新しく作成したフォルダの名前に変わります。
  10. 「完了」ボタンをクリックします。
  11. 3. の「仕訳ルールと通知」画面に戻ります。「OK」ボタンをクリックします。
  12. 次回の受信から指定した差出人や特定の件名のメールが、指定した専用フォルダへ自動的に移動します。すでに受信しているメールを仕訳するには、11. の手順で「OK」ボタンをクリックする前に 仕訳ルールを手動で実行するには を行います。

仕訳ルールを手動で実行するには

Outlook2013・2010の場合

  1. 9. の手順までを実行し、「仕分けルールの実行」ボタンをクリックします。
  2. 「仕分けルールの実行」画面が表示されます。実行したい仕分けルールをチェックし、「今すぐ実行」ボタンをクリックします。
  3. 「閉じる」ボタンをクリックします。

Outlook2007の場合

  1. 11. の手順までを実行し、「仕訳ルールの実行」ボタンをクリックします。
  2. 「仕訳ルールの実行」画面が表示されます。実行したい仕訳ルールをチェックし、「今すぐ実行」ボタンをクリックします。
  3. 「閉じる」ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2019年11月15日 金曜日 / 仏滅

今日は七五三。数えで男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳の時に成長を祝って神社やお寺に参詣する日。天和元年(1681年)の今日、徳川綱吉の子、徳松の健康を願ったのが七五三のお祝いの始まりなんだって。旧暦の11月15日は二十八宿の鬼宿日(鬼がいない)で、最良の日とされていたそうだよ。