Internet Explorerを起動すると小さいウィンドウで表示される
起動時に最小化されている

Internet Explorer

Internet Explorerを起動したとき、ウィンドウが小さく表示されることがあります。

Internet Explorerは、最後に閉じたときのウィンドウの大きさで起動します。閉じる前にウィンドウのサイズを調整しておくと、次回は調整したサイズでInternet Explorerが起動します。

また、プロパティから起動時の大きさを設定することができます。Internet Explorerの起動時にウィンドウが最小化されてしまう場合は、プロパティの設定を確認してください。

起動時のウィンドウのサイズを設定するには

  1. デスクトップのアイコンから起動する場合は、「Internet Explorer」のアイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
    タスクバーのアイコンから起動する場合は、「Internet Explorer」のアイコンを右クリックし、「Internet Explorer」を右クリック、「プロパティ」を選択します。
  2. 「Internet Explorerのプロパティ」が表示されます。「ショートカット」タブを開き、「実行時の大きさ」を変更します。
    【通常のウィンドウ】前回閉じた時と同じウィンドウの大きさで起動します。
    【最小化】ウィンドウを最小化し、タスクバーの中にアイコンで表示します。
    【最大化】ウィンドウを最大化し、画面全体に表示します。
  3. 「OK」ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2019年11月12日 火曜日 / 先勝

今日は皮膚の日。いい皮膚(1112)の語呂合わせ。毛や爪は皮膚が角質化したものなんだって。不思議。寒くなっても紫外線対策は必要!お肌のダメージは年々蓄積されていくから気を付けて!