24時以降(25時、26時~)を表示したい
累計した時間を表示したい

Excel

通常、Excelでは一日(24時間以内)の時間しか表示できません。そのため、累計した時間が正しく表示されないことがあります。たとえば「15:00」と「10:00」を合計した場合、正しくは「25:00」ですが「1:00」と表示されてしまいます。「24:00」以降の時間(「25:00」や「32:00」など)を表示するには、時刻の表示形式をユーザー定義します。

「1:30」を「01:30」とするなど、時間や分を1桁または2桁で表示するには 時間、分、秒を2桁(または1桁)で表示したい をご覧ください。

時刻に「**時」や「**分」などの単位を付けるには 計算結果や入力した値に「円」などを付けたい をご覧ください。

「24:00」以降を正しく表示するには

<例>「15:00(セルA1)」と「10:00(セルB1)」を合計し、セルC1に表示される計算結果が「25:00」となるように表示形式をユーザー定義します。
ワークシート

Excel2013・2010・2007の場合

  1. セルC1上で右クリックします。表示されたメニューから[セルの書式設定]を選択します。または、セルC1を選択し[ホーム]タブの[セル]グループから[書式]をクリックします。表示されたメニューから[セルの書式設定]をクリックします。
  2. [セルの書式設定]画面が開きます。[表示形式]タブが開いていることを確認し、[分類]から「ユーザー定義」を選択します。
  3. [種類]のテキストボックスに「h:mm」と表示されます。「h」の前後に大括弧( [ ] )をつけ、「 [h]:mm 」となるように入力します。
  4. [OK]をクリックします。
  5. セルC1の計算結果が「25:00」に変更されます。

Excel2003の場合

  1. セルC1上で右クリックします。表示されたメニューから[セルの書式設定]を選択します。または、セルC1を選択し[書式]メニューから[セル]を選択します。
  2. [セルの書式設定]画面が開きます。[表示形式]タブが開いていることを確認し、[分類]から「ユーザー定義」を選択します。
  3. [種類]のテキストボックスに「h:mm」と表示されます。「h」の前後に大括弧( [ ] )をつけ、「 [h]:mm 」となるように入力します。
  4. [OK]をクリックします。
  5. セルC1の計算結果が「25:00」に変更されます。

「時間(h)」の他にも「分(mまたはmm)」、「秒(sまたはss)」に [ ] (大括弧) を付けることで、60分以上や60秒以上の値を表示することができます。

今日は何の日?

2022年5月28日 土曜日 / 先勝

今日は花火の日。1733年、隅田川で行われた水神祭りの川開きで慰霊を兼ねた花火が打ち上げられたよ。長野では毎年11月に長野えびす講煙火大会があるよ。寒いから帽子や毛布を忘れないでね!