文書内に碇のマークが表示される
アンカー記号を表示しない

Word

アンカーワードの文書に挿入した画像(写真やオートシェイプ、クリップアートなど)を選択すると、碇のような形をしたアンカーが表示されることがあります。

アンカーは、選択した画像がどの段落に固定されているかを示しています。アンカーが付いた段落を削除すると、画像も削除されます。また、画像を移動するとアンカーも他の段落へ移動します。

アンカーは標準ツールバーの[編集記号の表示/非表示]がオンになっているとき、または[オプション]の「アンカー記号」のチェックがオンになっているときに画像を選択すると表示されます。

アンカーの表示と非表示は次の手順で切り替えることができます。

アンカー記号の表示・非表示を切り替えるには

Word2013・2010の場合

  1. [ファイル]タブをクリックし、左側のメニューから[オプション]を選択します。
  2. 「Wordのオプション」画面が開きます。左の一覧から[表示]をクリックします。
  3. 右の画面に表示方法などの設定が表示されます。常にアンカー記号を表示するには、[常に画面に表示する編集記号]の[アンカー記号]にチェックを付けます。表示しない場合はチェックをはずします。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

Word2007の場合

  1. [Officeボタン]をクリックし、[Wordのオプション]を選択します。
  2. 「Wordのオプション」画面が開きます。左の一覧から[表示]をクリックします。
  3. 右の画面に表示方法などの設定が表示されます。常にアンカー記号を表示するには、[常に画面に表示する編集記号]の[アンカー記号]にチェックを付けます。表示しない場合はチェックをはずします。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

Word2003の場合

  1. [ツール]メニューから[オプション]を選択します。
  2. [表示]タブを開きます。
  3. 常にアンカー記号を表示するには、「印刷レイアウト表示とWebレイアウト表示のオプション」の[アンカー記号]にチェックを付けます。表示しない場合はチェックをはずします。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2019年11月22日 金曜日 / 大安

1557年の今日、織田信長が弟の織田信行を暗殺。信行の謀反を察知した信長が、病気と偽って清洲城に誘い出し、お見舞いにきたところを殺害したとか。あと、今日はフグ田サザエさんの誕生日。1922年生まれのB型なんだって。