数式の結果が「#」で始まる英数字(エラー)になった

Excel

エクセルのセルに入力した関数や数式に誤りがあると、計算結果に「#」で始まるエラー値が表示されます。表示されるエラー値によってエラーの原因や修正方法が異なります。

IFERROR関数を使用すると、数式の結果が「#VALUE!」や「#DIV/0!」などのエラーになる場合、エラーの代わりに空白や記号、文字列を表示することができます。「#VALUE!」や「#DIV/0!」などの数式のエラーを表示したくない をご覧ください。

セルの内容がすべて「#」で埋められる場合は、数式の結果が「#######・・・」と表示される をご覧ください。

#VALUE!#REF!#NUM!#NULL!#NAME?#N/A#DIV/0!

#VALUE!

引数(計算に使用している値)などが正しくありません。

*1セルA1に「100」、セルB1に「円」と入力されている場合、「=A1+B1」の計算結果は「#VALUE!」と表示されます。
*2配列数式は { } (中カッコ)で囲い、CtrlとShiftキーを押しながらEnterキーを押します。

#REF!

数式の中のセル参照が無効です。

*1プログラムを実行すると解消されます

#NUM !

数式の中の数値に誤りがあります。

*1「100円」、「200個」など数字以外の文字を入力すると計算ができません。単位を表示したい場合は こちら をご覧ください

#NULL!

指定したセル範囲に共通部分がありません。

【連続した範囲を指定する場合】
先頭と末尾のセルを「:(コロン)」で区切ります([例]A1からA5を指定する場合「A1:A5」)
【離れた位置にある複数の範囲を指定する場合】
セル範囲を「,(カンマ)」で分割します([例]B1からB5とC1からC5を指定する場合「B1:B5,C1:C5」)

#NAME?

計算式に認識できない文字列が使われています。

以下の手順で分析ツールアドインを有効にできます。

分析ツールアドインを有効にするには

Excel2013・Excel2010の場合
[ファイル]タブをクリックし、[オプション]を選択します。「Excelのオプション」画面が開くので、左の一覧から[アドイン]をクリックします。右の画面にアドインの一覧が表示されます。画面下の[管理]で[Excelアドイン]を選択し、[設定]ボタンをクリックします。設定画面が表示されるので、[分析ツール]のチェックをオンにします。
Excel2007の場合
[Officeボタン]をクリックし、[Excelのオプション]を選択します。「Excelのオプション」画面が開くので、左の一覧から[アドイン]をクリックします。右の画面にアドインの一覧が表示されます。画面下の[管理]で[Excelアドイン]を選択し、[設定]ボタンをクリックします。設定画面が表示されるので、[分析ツール]のチェックをオンにします。
Excel2003の場合
[ツール]メニューから[アドイン]を選択し[分析ツール]のチェックをオンにします。

#N/A

数式に使用できる値がありません。

*1「HLOOKUP」を使用する場合は範囲の上端行の値を昇順で並べ替えます。「VLOOKUP」を使用する場合は範囲の左端列の値を昇順で並べ替えます。「MATCH」の照合の型に「1」を指定する場合は検査範囲を昇順に、「-1」を指定する場合は検査範囲を降順に並べ替えます。

#DIV/0!

ゼロによる除算(割り算)が行われています。

例えばセルA1に「100」、セルB1に「0」と入力されている場合、「=A1/B1」の計算結果は「#DIV/0!」と表示されます。

今日は何の日?

2019年2月21日 木曜日 / 大安

今日は日刊新聞創刊の日。1872年、東京日日新聞が創刊。現存する中で最古の日刊新聞。浅草の日報社が発行していたけど、大阪毎日新聞社による買収などを経て、1943年1月1日に現在の毎日新聞に。日本初の日刊新聞は1870年創刊の横浜毎日新聞だけど、これは1940年11月30日に他社に吸収されちゃったんだって。