足し算、引き算、掛け算、割り算を計算するには

Word

ワードで作成した表の数値を使って、足し算(加算)、引き算(減算)、掛け算(乗算)、割り算(除算)の計算をすることができます。エクセルと同じようにワードで作成した表のマス目を「セル」と呼び、列番号と行番号が決められています。計算をする場合、このセル番号を指定して数式を作成します。

足し算、引き算、掛け算、割り算を計算するには

複数の数値を合計するには、SUM関数が便利です。SUM関数の計算方法はこちら をご覧ください。

ワードで計算をするには

Word2013・2010・2007の場合

  1. 計算に使う数値や記号( = + など)は半角で入力します。
  2. 計算結果を表示するセル(マス目)をクリックします。

    例:セルB4に「10+50(セルB2+B3)」の計算結果を入力する場合はセルB4をクリックします
  3. [表ツール]の[レイアウト]タブをクリックします。[データ]グループの[計算式]をクリックします。
  4. [計算式]画面が表示されます。[計算式]のテキストボックスに入力されている計算式を「=」を残して削除し、計算式を半角で入力します。入力後、[ボタン]をクリックします。

    例:「=」の後ろに「B2+B3」と入力し、計算式を「=B2+B3」とします(列番号の大文字・小文字は区別されません)

    上図では4行目のそれぞれのセルに次の計算式が入力されています。

    ●セルB4 = B2 + B3 (B2 たす B3)
    ●セルC4 = C2 - C3 (C2 ひく C3)
    ●セルD4 = D2 * D3 (D2 かける D3)
    ●セルE4 = B2 / B3 (E2 わる E3)
  5. 1 でクリックしたセルに計算式の答えが表示されます。

Word2003の場合

  1. 計算に使う数値や記号( = + など)は半角で入力します。
  2. 計算結果を表示するセル(マス目)をクリックします。

    例:セルB4に「10+50(セルB2+B3)」の計算結果を入力する場合はセルB4をクリックします
  3. [罫線]メニューから[計算式]を選択します。
  4. [計算式]画面が表示されます。[計算式]のテキストボックスに入力されている計算式を「=」を残して削除し、計算式を半角で入力します。入力後、[ボタン]をクリックします。

    例:「=」の後ろに「B2+B3」と入力し、計算式を「=B2+B3」とします(列番号の大文字・小文字は区別されません)

    上図では4行目のそれぞれのセルに次の計算式が入力されています。

    ●セルB4 = B2 + B3 (B2 たす B3)
    ●セルC4 = C2 - C3 (C2 ひく C3)
    ●セルD4 = D2 * D3 (D2 かける D3)
    ●セルE4 = B2 / B3 (E2 わる E3)
  5. 1 でクリックしたセルに計算式の答えが表示されます。

セルB2やB3の数値を変更したとき、計算結果は再計算されません。
再計算するには計算結果をクリックし、F9キーを押します。

今日は何の日?

2019年11月15日 金曜日 / 仏滅

今日は七五三。数えで男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳の時に成長を祝って神社やお寺に参詣する日。天和元年(1681年)の今日、徳川綱吉の子、徳松の健康を願ったのが七五三のお祝いの始まりなんだって。旧暦の11月15日は二十八宿の鬼宿日(鬼がいない)で、最良の日とされていたそうだよ。