自動バックアップを設定するには
自動回復用データの保存時間を変更する

Word

ワードには、文書を編集しているとき、突然停電してしまったり、パソコンの電源が切れてしまった場合、強制終了してしまったファイルを回復するための機能があります。

既定の設定では、10分ごとにバックアップが保存されますが、この間隔を変更することもできます。

自動バックアップの設定を変更するには

Word2013・2010の場合

  1. [ファイル]タブを開き、左側のメニューから「オプション」をクリックします。
  2. 「Wordのオプション」画面が表示されます。左の一覧から[保存]をクリックします。
  3. 右の画面にWordの保存方法が表示されます。自動保存するには[次の間隔で自動回復用データを保存する]のチェックボックスをオンにし、「分」を調整します。
  4. もし文書を保存しないで閉じてしまったとき、バックアップを残すには、[保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す]のチェックボックスをオンにします。
  5. [OK]ボタンをクリックします。

Word2007の場合

  1. [Officeボタン]をクリックし、[Wordのオプション]をクリックします。
  2. 「Wordのオプション」画面が開きます。左の一覧から[保存]をクリックします。
  3. 右の画面にWordの保存方法が表示されます。自動保存するには[次の間隔で回復用データの自動保存を行う]のチェックボックスをオンにし、「分」を調整します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

Word2003の場合

  1. メニューバーの[ツール]から[オプション]をクリックします。
  2. 「オプション」画面が表示されます。「保存」タブを開きます。
  3. 自動保存するには[自動バックアップ]のチェックボックスをオンにし、「分ごとに行う」の数字を調整します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2020年7月6日 月曜日 / 友引

7月6日はサラダ記念日。俵万智さんの歌集で有名!あと今日はピアノの日。1823年、日本に初ピアノが来たよ。シーボルトが持ち込んだんだって。幕府禁制の日本地図を持ち帰ろうとして国外追放処分になっちゃったね。