文字の区切り位置を揃える
タブとリーダー

Word

Word文書で文字の間にスペースを入力すると、幅が揃わなかったりずれてしまったりすることがあります。スペースの代わりにタブを使用すると、文字の位置を揃えることができます。

タブとリーダーを使うと、申込書などの「切り取り線」を入力することができます。切り取り線を入力するにはをご覧ください。

タブとリーダー

タブで文字の区切り位置を揃えるには

  1. 文字の区切りを揃えたい位置にタブを入力します(上図の例では赤い点線の位置に、スペースではなくタブを入力しています)。
  2. 行を選択します(上図の例では3行をすべて選択します)。
  3. [ホーム]タブの[段落]グループの下にある矢印をクリックします。

    段落
  4. 「段落」画面が表示されます。左下にある「タブ設定」をクリックします。
  5. 「タブとリーダー」画面が表示されます。
    [タブ位置]に「8」と入力、[配置]から「右揃え」を選択し、「設定」をクリックします(行頭から8文字目の位置で「月」の右側が揃います)。
    続けて、[タブ位置]に「11」、[配置]を「右揃え」にし、「設定」をクリックします(行頭から11文字目の位置で「日」の右側が揃います)。
    最後に、[タブ位置]に「12」、[配置]を「左揃え」にし、「設定」をクリックします(行頭から12文字目の位置で「曜日」の頭が揃います)

    タブとリーダー
  6. 「OK」ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2019年11月22日 金曜日 / 大安

1557年の今日、織田信長が弟の織田信行を暗殺。信行の謀反を察知した信長が、病気と偽って清洲城に誘い出し、お見舞いにきたところを殺害したとか。あと、今日はフグ田サザエさんの誕生日。1922年生まれのB型なんだって。