切り取り線を入力するには
タブとリーダー

Word

案内の文書や申込書などによく使う「切り取り線」を、タブとリーダーで作成することができます。

タブとリーダーで文字の区切り位置を揃えるには 文字の区切り位置を揃える をご覧ください。

タブとリーダー

切り取り線を作成するには

  1. 切り取り線を作成する行に、タブ(Tab)キー、「(はさみの絵文字)切り取り」、タブ(Tab)キーの順で入力します。
  2. 1 で入力した行を選択します。
  3. [ホーム]タブの[段落]グループの下にある矢印をクリックします。

    段落
  4. 「段落」画面が表示されます。左下にある「タブ設定」をクリックします。
  5. 「タブとリーダー」画面が表示されます。
    [タブ位置]に「20」と入力、[配置]から「中央揃え」を選択、[リーダー]から「(3)」を選択し、「設定」をクリックします。
    続けて、[タブ位置]に「40」と入力、[配置]から「中央揃え」を選択、[リーダー]から「(3)」を選択し、「設定」をクリックします。
    (1行の文字数が40字として設定しています。文字数が46字の場合はタブ位置を23字と46字にするなど、実際の文字数にあわせて設定してください。リーダーも任意の点線を選んでください。)

    タブとリーダー
  6. 「OK」ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2018年12月10日 月曜日 / 友引

1968年の今日、三億円事件が発生したよ。東京都府中市で現金輸送車が白バイ隊員に扮した犯人に輸送車ごと三億円を奪われた事件。1975年に時効が成立したあと、自称犯人が何人も名乗りでたとか。あと、アルフレッド・ノーベルの忌日にちなんで、ノーベル賞授与式が行われるよ。