同じ行の左端と右端に文字を入力する
タブとリーダー

Word

文書の左端や右端に文字を入力するとき、通常は「右揃え」などを使いますが、これは段落に対して設定するので、段落全体が左や右へ寄ってしまいます。タブとリーダーを使うと、同じ行の中で文字を左右に寄せることができます。

タブとリーダー

タブとリーダーで文字の区切り位置を揃えるには 文字の区切り位置を揃える をご覧ください。申込書などの「切り取り線」を入力することもできます。切り取り線を入力するにはをご覧ください。

1行の中で左右に文字を配置するには

  1. 左端の文字、タブ(Tab)キー、右端の文字の順で入力します(上の図では、「no.123~」、タブ(Tab)キー、「2018年~」と入力しています)。
  2. 1 で入力した行を選択します。
  3. [ホーム]タブの[段落]グループの下にある矢印をクリックします。

    段落
  4. 「段落」画面が表示されます。左下にある「タブ設定」をクリックします。
  5. 「タブとリーダー」画面が表示されます。
    [タブ位置]に「40」と入力、[配置]から「右揃え」を選択し、「設定」をクリックします。
    (1行の文字数が40字として設定しています。実際の文字数にあわせて設定してください。)

    タブとリーダー
  6. 「OK」ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2019年11月22日 金曜日 / 大安

1557年の今日、織田信長が弟の織田信行を暗殺。信行の謀反を察知した信長が、病気と偽って清洲城に誘い出し、お見舞いにきたところを殺害したとか。あと、今日はフグ田サザエさんの誕生日。1922年生まれのB型なんだって。