文書プロパティ(文書情報)を編集する
ドキュメントプロパティを編集する

Word・Excel

作成したワードの文書やエクセルのブックには、作成した文章の他に文書プロパティ(文書情報)、ドキュメントプロパティが保存されます。

「作成者」、「最終保存日時」、「ページ数」などの一部の情報は、自動的に入力されます。
入力されている「作成者」を変更したり、「タイトル」や「キーワード」を追加で入力したりすることができます。

文書プロパティやドキュメントプロパティを削除するには 文書中の非表示のデータや個人情報を削除したい をご覧ください。

文書プロパティ、ドキュメントプロパティを編集するには

Office2016・2010の場合

  1. 「ファイル」タブをクリックします。
  2. 「情報」画面が開きます(開いていない場合は左側にある「情報」をクリックします)。
  3. 右側に文書プロパティ(サイズ、ページ数など)が表示されます。
  4. 表示されていないプロパティを編集するには、一番下の「プロパティをすべて表示」をクリックします。
  5. 編集したい箇所をクリックし、入力します。
    「サイズ」、「ページ数」、「更新日時」などは自動的に入力されるため、クリックしても編集ができません。

Office2007の場合

  1. 「Officeボタン」をクリックし、「配布準備」をクリック、「プロパティ」をクリックします。
  2. 「ドキュメントのプロパティ」画面が表示されます。
  3. 表示されていないプロパティを編集するには、「ドキュメントのプロパティ▼」をクリックし、「詳細プロパティ」をクリックします。
  4. 「プロパティ」画面が表示されるので、編集したい箇所を入力します。
  5. 「OK」ボタンをクリックします。
  6. 「ドキュメントのプロパティ」画面に戻るので、「×」(閉じる)ボタンをクリックします。

Office2003の場合

  1. 「ファイル」メニューから「プロパティ」を選択します。
  2. 「プロパティ」画面が表示されます。
  3. 「ファイルの概要」タブをクリックし、編集したい箇所を入力します。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。

今日は何の日?

2021年9月19日 日曜日 / 友引

1982年、IBMのScott Fahlmanさんが世界初の顔文字「:-)」を使ったよ!冗談のつもりで書いたものが他の人が本気に受け取ってしまうことがあったため、顔文字の使用を提案したんだって。