セーフモード(Safeモード)で起動するには

Windowsが正常に起動しない場合、セーフモード(Safeモード)で起動するとトラブルの原因を調べることができます。

セーフモードで起動すると画面の四隅に「セーフモード」という文字が表示されます。セーフモードで起動すると、必要最低限なファイルやドライバしか読み込まれません。そのため、スタートアップに登録されているすべての駐在ソフトやアプリケーションが起動しません。

また、セーフモードではプリンタなどの周辺機器、インターネットへの接続など一部の機能が利用できません。

セーフモードで起動するには

Windows10の場合

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックし、「電源(電源のマーク)」をクリックします。Shiftキーを押しながら「再起動」をクリックします。
  2. 「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。
  3. 「トラブルシューティング」画面が表示されます。「詳細オプション」をクリックします。
  4. 「詳細オプション」画面が表示されます。「スタートアップ設定」をクリックします。
  5. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。「再起動」をクリックします。
  6. パソコンが再起動されます。
  7. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。表示されたメニューの通り、「4)セーフモードを有効にする」または「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択します。

Windows8の場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は、CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押します。
  2. 「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。
  3. 「トラブルシューティング」画面が表示されます。「詳細オプション」をクリックします。
  4. 「詳細オプション」画面が表示されます。「スタートアップ設定」をクリックします。
  5. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。「再起動」をクリックします。
  6. 表示されたメニュー画面の右下にある「シャットダウン」ボタンをクリックし、Shiftキーを押しながら「再起動」を選択します。
  7. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。表示されたメニューの通り、数字の「4」のキーまたはF4キーを押します。

Windows7の場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は再起動をします。
  2. 起動中F8キーを押し続け、詳細ブートオプションを表示します(詳細ブートオプションは黒い背景に白い文字で表示されます)。
  3. キーボードの矢印キーを使用して表示された詳細オプションから「セーフモード」を選択しEnterキーを押します。

WindowsVistaの場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は再起動をします。
  2. 起動中F8キーを押し続け、詳細ブートオプションを表示します(詳細ブートオプションは黒い背景に白い文字で表示されます)。
  3. キーボードの矢印キーを使用して表示された詳細オプションから「セーフモード」を選択しEnterキーを押します。

WindowsXPの場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は再起動をします。
  2. 起動中F8キーを押し続け、Windows拡張オプションメニューを表示します(Windows拡張オプションメニューは黒い背景に白い文字で表示されます)。
  3. キーボードの矢印キーを使用して表示されたWindows拡張オプションメニューから「セーフモード」を選択しEnterキーを押します。
  4. 「セーフモードで実行されています。」というメッセージが表示されるので[はい]をクリックします。
前のバージョンはこちら

今日は何の日?

2021年10月26日 火曜日 / 大安

今日は原子力の日。1956年、日本が国際原子力機関(IAEA)に加盟。1963年の今日は、日本初の原子力発電が茨城県東海村の日本原子力研究所で行われたよ。原子力発電所の温度管理には海水が使われてるんだって。だから海の近くにあるんだね。アトムのエネルギー源は10万馬力の原子力モーター。