セーフモード(Safeモード)で起動するには

Windowsが正常に起動しない場合、セーフモード(Safeモード)で起動するとトラブルの原因を調べることができます。

セーフモードで起動すると画面の四隅に「セーフモード」という文字が表示されます。セーフモードで起動すると、必要最低限なファイルやドライバしか読み込まれません。そのため、スタートアップに登録されているすべての駐在ソフトやアプリケーションが起動しません。

また、セーフモードではプリンタなどの周辺機器、インターネットへの接続など一部の機能が利用できません。

セーフモードで起動するには

Windows10の場合

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックし、「電源(電源のマーク)」をクリックします。Shiftキーを押しながら「再起動」をクリックします。
  2. 「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。
  3. 「トラブルシューティング」画面が表示されます。「詳細オプション」をクリックします。
  4. 「詳細オプション」画面が表示されます。「スタートアップ設定」をクリックします。
  5. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。「再起動」をクリックします。
  6. パソコンが再起動されます。
  7. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。表示されたメニューの通り、「4)セーフモードを有効にする」または「5)セーフモードとネットワークを有効にする」を選択します。

Windows8の場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は、CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押します。
  2. 「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。
  3. 「トラブルシューティング」画面が表示されます。「詳細オプション」をクリックします。
  4. 「詳細オプション」画面が表示されます。「スタートアップ設定」をクリックします。
  5. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。「再起動」をクリックします。
  6. 表示されたメニュー画面の右下にある「シャットダウン」ボタンをクリックし、Shiftキーを押しながら「再起動」を選択します。
  7. 「スタートアップ設定」画面が表示されます。表示されたメニューの通り、数字の「4」のキーまたはF4キーを押します。

Windows7の場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は再起動をします。
  2. 起動中F8キーを押し続け、詳細ブートオプションを表示します(詳細ブートオプションは黒い背景に白い文字で表示されます)。
  3. キーボードの矢印キーを使用して表示された詳細オプションから「セーフモード」を選択しEnterキーを押します。

WindowsVistaの場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は再起動をします。
  2. 起動中F8キーを押し続け、詳細ブートオプションを表示します(詳細ブートオプションは黒い背景に白い文字で表示されます)。
  3. キーボードの矢印キーを使用して表示された詳細オプションから「セーフモード」を選択しEnterキーを押します。

WindowsXPの場合

  1. すでにパソコンが起動している場合は再起動をします。
  2. 起動中F8キーを押し続け、Windows拡張オプションメニューを表示します(Windows拡張オプションメニューは黒い背景に白い文字で表示されます)。
  3. キーボードの矢印キーを使用して表示されたWindows拡張オプションメニューから「セーフモード」を選択しEnterキーを押します。
  4. 「セーフモードで実行されています。」というメッセージが表示されるので[はい]をクリックします。
前のバージョンはこちら

今日は何の日?

2021年1月21日 木曜日 / 友引

慶応2年1月21日(新暦1866年3月7日)、長州藩と薩摩藩が坂本竜馬や中岡慎太郎の仲介で薩長同盟を結んだよ。このことから今日はライバルが手を結ぶ日なんだって。1862年、中岡慎太郎は長州藩士とともに信州松代の佐久間象山を訪ねて、象山と国防や政治について議論したんだって。