夜、パソコンを使うと目が疲れる
ブルーライトを軽減したい(夜間モード)

Windows10

ブルーライトとは、日中のような明るい光のことです。夜遅くまでスマホやパソコンを見ていると、ブルーライトが目や体に負担をかけるといわれています。

Windows10の「夜間モード」を使用すると、夜の時間帯はブルーライトを抑え、ディスプレイを暖色系で表示することができます。時間帯を設定しておくと、自動的に「夜間モード」を起動することができます。

夜間モードを設定するには

Windows10の場合

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックし、「設定(歯車のマーク)」をクリックします。
  2. 「Windowsの設定」画面が開きます。「システム」をクリックします。
  3. 「ディスプレイ」画面が開きます。中央のメニューから「夜間モード」のスイッチをオンに切り替えます。
    設定している時間が日中の場合、「夜間モード」のスイッチをオンに切り替えても、ディスプレイは変わりません。
  4. 夜間モードの時間帯や色を変更するには、「夜間モードの設定」をクリックします。
  5. 日中、すぐに夜間モードに切り替えたい場合は、「今すぐ有効にする」をクリックします。
  6. 色を変更するには「色温度(夜)」を調整します。
  7. 夜間モードを起動する時間を調整するには、「時間の設定」をクリックし、オンとオフの時間を入力します。

今日は何の日?

2019年10月19日 土曜日 / 大安

今日は海外旅行の日。遠(10)くへ行く(19)の語呂合せ。日本人の海外旅行第1号はジョン万次郎だといわれてるよ。本名は中濱萬次郎さん。漁で遭難したとき、助けられたアメリカの捕鯨船ジョン・ハウランド号にちなんでジョン・マン(John Mung)っていう愛称をつけられたんだって。